口演情報」カテゴリーアーカイブ

🍘10月10日駄菓子屋でらいぶ ライアーと見せ語り紙芝居の会

🍘 駄菓子屋でらいぶ

日時 10月10日(日)

 場所 せんべいの駄菓子屋さん    東京都三鷹市牟礼6-12-26    

 第1部 午後3時~午4時

  ライアー奏者Sato(サト)の演奏

  紙芝居使せんべいの紙芝居口演

 ライアーの音色と共に

 見せ語り紙芝居 やまなし 作 宮沢賢治 絵 浅野薫

  参加費 1,000円(カタヌキ付) *小中学生500円

 

 第2部 午後6時~午後7時30分

  ライアー奏者Sato(サト)の演奏、紙芝居使せんべいの紙芝居口演

  ライアーの音色と見せ語り紙芝居 よだかの星 作 宮沢賢治 絵 浅野薫

  参加費 2,000円(ワンドリンク、駄菓子付)

 

*ご来場いただける人数に制限がございます。事前にお申込みをお願いいたします。

*お申込み・お問合わせはメール・お電話でせんべいまでお願いいたします。

 

 

 せんべいの駄菓子屋さん店内で開催するイベント

     駄菓子屋でらいぶ  

  いつもそのまんまのネーミングですみません🍘

  記念すべき第1回は、

 ライアー奏者Sato(サトさん)をお招きしての

 見せ語り紙芝居の会です。

 

  ライアーはギリシャの竪琴に原型があるといわれる弦楽器です。

   Satoさんが奏でる柔らかな響きは心を優しく癒してくれます。

そしてライアーの音色と共に語る紙芝居は

童画家 浅野薫さんの描く 宮沢賢治の世界。

やまなし、よだかの星 共に 文芸社より絵本が出版されています。

せんべいの駄菓子屋さんでの 第1回 駄菓子屋でらいぶ

どうぞ気軽に遊びにいらしてくださいませ🍘

 

 

🍘 9月12日 紙芝居の時間ですよ~。

🍘 駄菓子屋さんで

    紙芝居の時間ですよ~!

◆日 時 9月12日(日) 午後4時~4時45分

  ◆場 所 せんべいの駄菓子屋さん (東京都三鷹市牟礼)

  ◆参加費 500円 (未就学時は無料)

 

  せんべいの駄菓子屋さん(三鷹市牟礼)店内で初めての紙芝居口演です。

  今回は 昔ながらの自転車の紙芝居をみていただくだけではなく、

  希望者には演じていただこうと思っています。

  紙芝居っておもしろい! の最初の1歩  

  見るのも演じるも 自由にゆるっと楽しんでいただけますように。

  こどももおとなも 年齢問わず 参加希望をお待ちしております。

  お席に限りがありますので、参加希望の方電話・メールにてご連絡ください。

 

 

 

 

 

🍘三鷹親子まちゼミで「紙芝居体験!」

🍘 三鷹親子まちゼミに参加します

三鷹市内のお店の人が先生になって、少人数制の講座が開催されます。

 電気屋さんのお仕事紹介や 床屋さんのシャンプー体験、

 蕎麦屋さんでそば巻き寿司をつくったり、

 整骨院の筋膜リリース体験や弁護士や行政書士の体験ができたり…

 おもしろく、ためになる講座が 

 なんと35講座も! 

 詳しくは ⇒ 三鷹親子まちぜみ

 

🍘 紙芝居さんを体験しよう

紙芝居屋さんてなに屋さん?

紙芝居っていつ頃からあるのか、どんな紙芝居があるのか、などなど

紙芝居の歴史にも触れながら、紙芝居の実演を見ていただいたあとは、

紙芝居屋さん気分で紙芝居を演じてみましょう!

開催日は

 8月17日(火) 14:00~15:00 (東多世代交流センター)

 8月19日(木) 10:30~11:30 (東多世代交流センター)

 9月  4日(土) 12:30~13:30 (三鷹商工会館)

受付開始は 7月24日です。

🍘7月17日 つくばハウジングパークで紙芝居

🍘 7月17日 つくばハウジングパークで紙芝居

①11時~  ②13時~  ③15時~

  広いパーク内、紙芝居屋さんはどこに現れるのか!!

  拍子木の音が鳴ったら、紙芝居の合図。

  紙芝居舞台を積んだ自転車を探しにきてください。

  令和の素敵な家が立ち並ぶ、おしゃれな街角で昭和な紙芝居🍘

家族そろってお楽しみくださいませ。

  詳細は  ⇒ こちら

🍘言葉と形でおしゃべり~せんべい帯広へ行く

 🍘彫刻家・相原正美さんとせんべい

 GALLERY しらかば通り美術館 (北海道帯広市)で

  5月21日(金)~6月20日(日)

  彫刻家・相原正美さんの作品が展示されます。

相原さんは帯広在住の 彫刻家です。 

  そして、せんべいと同じ小学校に通っていた同級生です。 

  小学校の時は同じクラスになったことはなく、話をすることもほとんどなかった二人。

  小学校を卒業して、

  彼女は美術・彫刻の道をまっすぐに進み、

  私は、あちこちみちくさをくいながら、紙芝居師になりました。

  いい年のおとなになってから、

  小学校の恩師を囲む同窓会で、

  交わした言葉が はっきりとは覚えてはいません。

  線や形で表現をする彼女と言葉で表現する私の

  表現者としてのなにかが、呼び合ったのかもしれません。

    この度 彼女の作品展示にあわせて、帯広に行き、紙芝居をします。

  違う世界で、異なる表現方法を持つ二人が

  一緒になることでなにが見えてくるのか  to cyoitokakkouyoku kaiteokou

  やってみないとわかりませんが、一見の価値はあると思います。

  コラボ企画で制作した紙芝居を早く見ていただきたくてワクワクしています。

 

🍘 こんな時ではありますが

東京から帯広へ移動して、紙芝居をさせていただきます。

この企画は 昨年10月に開催する予定でした。

けれども新型コロナウイルス感染拡大を受けて延期になりました。

再度日程を調整し、この時期にと決めて、

口演場所も決まり、チラシも出来上がり、というところで

またまた新型コロナウイルスが猛威をふるいはじめました。

東京の緊急事態宣言は延長され、北海道にも緊急事態宣言が。

この時期に東京から帯広へ移動しての紙芝居口演をしていいものなのか

考えました 考えました 話し合いました 考えました

そして、帯広にいきます。

感染予防のために必要と思われることはいたします。

紙芝居口演については、会場、関係者の意向を尊重いたします。

帯広からの帰り道 札幌や青森、岩手での口演も企画していましたが、

そこは無理をせず、今後の状況をみて判断します。

ということで   前日、当日になっての変更があるかもしれません。

この判断について、色々とご意見もあるかとは思います。

それでも、今できることをやらせていただくことといたします。