月別アーカイブ: 2020年12月

11月🍘開催・再開、やっと動き始めました

🍘 紙芝居屋だけど朗読会

11月3日の「賢治さんの部屋」

宮沢賢治さんの童話を3人の個性豊かな紙芝居屋が読ませていただきました。

おかげさまで昼、夜公演ともお客様にお越しいただけて、

とてもいい会になりました。

「11月3日」でスタート。 みなさんご存じのあの有名な詩ですよ。

「土神ときつね」

妬みとか虚栄とか、制御しきれない自分の心… 重くて深い話です。

せんべいは魅力的な(笑)樺の木役でした。

←「いちょうの実」をまじめに読んでるせんべい

そして、換気タイムをはさみ

「どんぐりと山猫」

日南田さん(どろんこ座)のかわいくて躍動感ある一郎に、

三橋とらさんの思い入れがいっぱいの。馬車別当。

せんべいはお腹を突き出して偉そうに立っている人?猫?を担当。

効果音も入り楽しく仕上がりました。

「よだかの星」は照明も いい感じに入れていただきました。、

 

「星めぐり」の歌を

元気にうたって幕となりました。

またやりたいなぁ。と思うくらい

楽しい会でした。

 

 

🍘 西東京市 シニア大学

西東京 成年後見制度についてのお話をさせていただきました。

久しぶりに成年後見制度啓発紙芝居「もう一度笑顔になりたい」の口演。

体調チェック、消毒シュシュ、定期的な換気

そしてソーシャルディスタンスをとった席の配置

ほんとは もっと もっと ぎゅっと まとまって 見ていただきたいんですけどね。

後ろからだと紙芝居舞台は小さくみえますけど、熱心に見入ってくださいました。

 🍘 昭和館の街頭紙芝居上演会 再開しました

隔月1回開催されていた

九段下・昭和館での紙芝居上演会は 今年の3月からずっとお休みでしたが、

やっと 11月28日に開催!!

「聲ひとすじ」の1巻からスタートです。

 

色々と配慮をしながら、

少しづつですが、紙芝居口演ができるようになってきました。

よかった。

このまま紙芝居ができる場が、増えていきますように。