せんのつぶやき」カテゴリーアーカイブ

1月2月そして3月

 1月・2月の紙芝居

田無神社からスタートした2020年

1月は、帝釈天さんでの定期口演、住宅展示場、ジャパンフェスタ、

そして、新春爆笑講演会と楽しく走り回っておりました。

 

ジャパンフェスタinADACH 昨年より広いステージをご用意いただき

紙芝居&カタヌキ遊びを楽しんでいただきました。

 

 新春爆笑講演会

講演中の写真がないのですが、

 昭和の少女と少年と一緒に大笑い、

 お客様がとても楽しい方ばかりで、会場は大爆笑

 「お似合いよ」と褒めていただいた新作衣装です。

 

 

 

 

昭和館での紙芝居は、2月から新しい演目になりました。

「声ひとすじ」 1人の少女が苦労の末に、浪花節語りになる物語です。

その他、地域のサロンで成年後見制度啓発紙芝居「もう一度笑顔になりたい」の口演機会もいただきました。

帝釈天では、

バナナチョコではなくとちおとめチョコ

そして、みたらし団子でにっこり。

一番前の席に陣取り、最初からずーっとみてくれていたのは、

常連の元気な姉妹、商店街の和菓子屋さんの娘さんたちです。

2016年2月8日から始まった 柴又での定期口演。

おかげさまで、地元の方にもお馴染みになってきました。

ありがたいです。

 

  そして 3月

春、春、春休み・・・イベントたくさん、がんばるぞ!!

と思っていたのに…

新型コロナウイルスの影響で 落語と紙芝居も、かっぱ市も、地域サロンも市民講座も

あれもこれもそれも みーんな 延期・中止。

青空のもと 自転車の周りにギュッと集まり、

おっきな口開けて笑いあえる日が 早くもどってきますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年もどうぞよろしくお願いします

 本年もどうぞよろしくお願いいたします

令和2年(2020年)

お日様の優しい光につつまれて、新しい年がはじまりました。

笑顔あふれる 明るい一年になりますように

 

2020年1月2・3日 田無神社

  新年に田無神社さんの境内で紙芝居。

  こんなすばらしいご縁をつないでいただいたことに感謝しながら

  今年はじめの紙芝居!   

  初詣でにぎわう境内に 「ワハハハ・・・・」 の声が響きます。

今年も色々あるでしょう、

笑ってばかりもいられない・・・そんな時でも 笑顔を忘れずに

大きな口をあけて 目じりの笑いじわなんか気にしないで

元気に 笑っちゃいましょ!

 

11月のせんべい

地元で紙芝居   

近すぎて、知り合いが多すぎて

紙芝居師としての活動をちょっと躊躇していた地元ですが、

紙芝居のせんべいさんとしてお声をかけていただけました。

ありがとうございます。

とはいえ、 この地域では、

駄菓子屋のせんべいさんの方がゆーめー人。

「あれ、せんべいさんだ。 紙芝居やるの?」

と子ども達が声をかけてくれます。

せんべいの駄菓子屋さんのお客様のみなさま!

駄菓子屋のせんべいさんは紙芝居屋さんです。

 

その他、市内2ヶ所の地域サロンで

成年後見スケッチ1「もう一度笑顔になりたい」の紙芝居をさせていただき、

そして、

これまた 地元、の頭公園アートマーケッツ

はじめての 井の頭公園西園(あの三鷹の森ジブリ美術館の横にある公園です)

ジブリ帰りの イギリスからきたご家族が、

言葉のない紙芝居で 一緒にカウントダウンしてくれました。

そして、ラスト一枚をひいたところで

遠くから眺めていた観光客のかたも 拍手喝采。

やっぱり、この紙芝居すごい、師匠ヤッサンすごいわ!

と再認識いたしました。

 

紅葉の井の頭公園、 結構遠くから散策に訪れる方もいらっしゃいます。

 

とんちクイズに考え込むご主人の横で、なんの迷いもなく正解を答える奥様。

なかなかいいご夫婦です。茨城からグループできたとのこと

帰りがけに 遠足用で配られたのお菓子をくださいました。

偶然通りかかって、ほんのひと時同じ場で時間を過ごし、

ちょいとなにかがつながる感じ。

そんな時が大好きです。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

★「オムツ外し学会in那須」で紙芝居

廃校になった小学校をすてきに活用してる

那須まちづくり広場」 を会場にして

第10回日本オムツ外し学会が開催されました。

オムツ外し? なぜ紙芝居? と

????がたくさんかとは思いますが、

そこは、また別の機会に・・・

介護に関わる方が多く参加したこの会で、

色々な講師・報告者の方が3会場に分かれてお話をする中で、

「世代を超えた紙芝居の魅力~その面白さの秘密とは~」というお題の会場にも

参加者の方が集まってくださったことが、なによりありがたかったです。

それだけ、紙芝居に興味を持っている方が増えているということですよね。

 

おまけ・・・せんべいではなく、私事ではありますが・・・。

朗読劇に出演させていただきました。

朗読劇・・といっても私だけ台本なしで、

泣くわ、笑うわ、叫ぶわ・・・舞台上を自由に動きまわらせていただき・・・

大変だったけど、いい経験をさせていただきました。

  

お芝居は、出演者だけでなく、演出、制作、衣装、美術、音響、装置、照明・・・そして受付や会場案内などなど

たくさんの方が、その舞台のために自分の役割を責任もって担っています。

そして、本番の日を迎えます。

そんな舞台の真ん中で演じさせていただけたこと、ほんとうに貴重な体験をさせていただきました。

紙芝居も 演じるときは一人ですが、

その場を一緒に作ってくださるお客様がいないと成り立ちません。

その日の紙芝居を演じるまでには、色々な方が関わって、支えてくださるからこそ、

私は転車舞台の横にたっておっきな口あけて笑っていられるんだなぁ。

ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

紙芝居をやりたいの?紙芝居師になりたいの?

ドラマ好きのせんべいが

ちら見している朝ドラで

「絵付けがやりたいのか?絵付師になりたいのか?

何が違うの? お金がもらえるかどうか? 覚悟の違い?

どっちでもなく、この先生についていきたいと思った。」

みたいなやりとりがありました。

うん、なんだかわかる。

紙芝居がやりたいのか?

紙芝居師になりたいのか?

この師匠についていきたい。と思った。

 

その師匠が天に行ってしまって、

大好きで、あこがれていた紙芝居師さんもその翌年に空へ行ってしまい、

師匠たちの実際の紙芝居をもう見られなくなってずいぶん経った。

師匠と一緒にいたのはわずか3年、

その後・・・のほうが長くなってしまった。

 

ほんとに紙芝居続けていけるの?

プロ紙芝居師といえるだけの力があるのか?

そもそもプロって何?

他の仕事しながら、好きなように紙芝居してたらダメなの?

色々と迷うところもございます。

ちゃんとやれるだろうか・・・と怖くなることもあります。

でもね、これまでの人生、いっぱい逃げてきたように思っている

へなへなのせんべいが

「ここからは逃げちゃいけない!」と

意地張って固焼きせんべいになろうと

がんばっているところもあるんだよね。

 

どんな紙芝居がしたいのか

どんな紙芝居師になりたいのか。

ふかーく考えるのは苦手ですが、

好きなんです、

紙芝居が、

人が、

自転車の横でしゃべっているのが、

楽しいんです

それは間違いない

dokoniikunokasenbeisann sonokamishibaijinnseihamadamadatuduku

2019.11.23 のせんのつぶやき

 

子どももおとなも楽しめる「紙芝居と駄菓子屋さん」 

★映画のまち調布Days☆

 昭和エリアで紙芝居

10月26・27日に 京王線調布駅前で開催された調布スクラムフェステイバルvol.6

昭和エリアで昭和な自転車の紙芝居をさせていただきました。

昭和エリアには、昭和に活躍した品物がたくさん展示されていました。

懐かしい~! と足をとめるかたもいれば、 これはなに??という感じの若い方も。

こんな場所で紙芝居できるなんて、しあわせものですわぁ。

   せんべいの駄菓子屋も屋台で登場

仕入れた駄菓子もおもちゃも 売り切れ続出!!

 おとなもこどもも一緒に楽しめる 駄菓子、そして紙芝居。 

 駄菓子をネタに子どもの頃の話で盛り上がる人たち。  

 ご来場ありがとうございました。